eワラントでの投資タイミングについて



eワラントは、時間が経つにつれて価値が下がる、という特徴を持っています。つまり、株価や為替などといった対象原資が全然動かなければ、eワラント自体の価値は日が経つにつれて下落してしまいます。これはプット型であろうとコール型であろうと全く同じです。

特に、満期日が近いeワラントにおいてはその下落の速度は速くなります。ということは、取引のない土日でも同じことが考えられるということです。つまり、金曜夜に購入したeワラントは、土日の間に価値が下落し続けていくということになります。しかも、売買が出来ないのです。

そう考えると、金曜に、しかも日本株を対象としている銘柄を金曜の大引後に買うのは少し考えた方が良いということになります。中には、月曜に大化けしそうだという確信がある場合も考えられますが・・・。

もう少し付け加えると、金曜の大引後に買うと、どうしても市場の流れと逆のポジションを取りがちになります。つまり、「逆張り」の展開を考えがちになるでしょう。しかし、eワラントにおいて逆張りはしないのが鉄則と言われています。原資に比べて値動きが大きい上に時間的価値の減少があるため、相場の反転までのロスが大きくなるからです。

これは、ほぼ24時間値動きがある為替が対象となるeワラントでも同じで、月曜の朝まで値動きが続けばいいですが、売買が不可である土曜や日曜に値動きが逆転してしまった場合は取る手がないのです。

こうしたことより、eワラント取引は、週初めに購入し、週末前に売却するのが良いのではないでしょうか。また、補足として、あまり必要ないと考えられていますがもし仮に損切りする場合も、週をまたがない方法がいいでしょう。


Copyright (C) 2008 初めてのeワラント投資ガイド. All Rights Reserved.
2style.net