eワラントのポジションについて



eワラントのポジションには大きく分けて2つあり、満期日において決められた金額で対象である原資産を買うことが出来る「コール型」と、満期日において決められた金額で対象である原資産を売ることが出来る「プット型」に分類出来ます。具体的にどのようなポジションのことを指すのか、ここではお話したいと思います。

例えば、個別株式に投資をする場合、通常は「買い」しか出来ないため、市場が上昇局面である場合においてのみ利益が得られるということになります。さらに、「売り」のポジションを持つためには信用取引の契約をしなければならず、実際に信用取引を開始した場合にはその分のリスクを負う必要が出てきます。

しかし、eワラントにおいてはよりご自身の好きなタイミングで、好きなポジションを取ることが可能なのです。上昇局面では「コール型eワラント」を、下落局面では「プット型eワラント」を買うことによって、両方の局面で利益を狙うことが可能になります。

もう少し細かく見ていくと、対象原資産の価格が上がると「コール型」eワラントの価値が上がって、「プット型」eワラントの価値は下がります。それとは逆に、対象原資産の価格が下がると「コール型」eワラントの価値が下がって、「プット」eワラントの価値が上がります。

つまり、株価が上昇している局面では「コール」、下落している局面では「プット」を買うことによって、利益を得ることができます。さらに、市場価格の「上昇」「下落」だけではなく、どちらか一方に大きく動くだろうと予想する場合に、「コール」「プット」の両方を買うという方法で利益を得ることも出来ます。

例えば、「コール」が0円になってしまったとしても、「プット」が3倍になったため総じて利益を得られるということも、eワラントの世界では結構あることです。


Copyright (C) 2008 初めてのeワラント投資ガイド. All Rights Reserved.
2style.net