eワラントの価格決定の仕組みについて



通常、カバードワラントには、配当が存在しません。少なくとも、eワラントにおいては配当がありません。 つまり、eワラントには、対象原資産に対し支払われる配当金を受け取る資格がないということです。 言い換えるならば、世界中の多くのカバードワラントというのは、キャピタルゲインを狙った純粋な投資ということになります。

ここで1つ、注意しなくてはならないことがあります。たしかに、カバードワラントに配当はありませんが、対象原資産から発生した配当が、カバードワラントやeワラントの価格に影響を与えるということを頭に入れておくと良いでしょう。

一般的に、対象原資産の配当利回りが高くなるのではないかと予想されれば、eワラントのコールは下落しますし、反対にeワラントのプットは上昇します。

カバードワラントの価格は、権利公使価格、原資産価格、残存期間、原資産の配当利回り、金利、予想変動率によって決まります。これらの要因が、理論的価格決定モデルに入力されます。代表的なモデルのひとつとしては、ブラック・ショールズ方程式です。

eワラントなどの価格は、複雑な価格決定モデルに左右され、熟練したトレーダーでも値動きに驚くことがあるそうです。そのため、市場の値動きがeワラントの理論価格にどのような影響を与えると予測出来るかを理解する必要があります。

例えば、ゴールドマンサックスのHPでシミュレーターを利用することが出来ますので、こちらでおおまかなオプション価格を計算できます。またこうした価格決定モデルは、理論価格が計算出来るだけでなく、相場の方向性についての予想なども助けてくれます。


Copyright (C) 2008 初めてのeワラント投資ガイド. All Rights Reserved.
2style.net