クレジットカードの限度額について

クレジットカードの限度額は、使用する人の性質(職業や年収、信用情報等)に応じて定められており、通常日本では一般カードで5〜50万円、実際利用した実績等が考慮されて50万円超〜100万円位、一般カードより上のゴールドカードの場合では50万〜300万円位と、性質や利用実績などによって差が出ています。

日本国外のカード会社では月給の何倍相当額までと設定している場合もあります。利用できるカードの限度額と未払いの債務額(未請求の債務を含みます)の差が、その時点でのカードを使う際のクレジットカードが使用できる可能な金額となります。

そのクレジットカードの種類によって異なりますが、小額の場合は限度額を超える利用が出来る場合もあります。まれに利用限度額を事前に設定しないとしているクレジットカードもありますが、カード会社側では与信枠をきちんと把握、管理していて多額の利用をしようとした場合に本人に確認(承認)が求められる事になっています。

尚、利用限度額を引き上げてもらえるよう申込みをコールセンターにすると、審査の結果では限度額が増額されることもありますし、海外旅行など一時的に多額の利用をしたい場合は一時的に利用限度額を引き上げてもらうことも可能です。

こういったサービスは急にお金が必要になったときには便利なサービスですよね。以上のような性質を持つのがクレジットカードの利用限度額です。内容をきちんと把握し正しい利用をして、便利に使っていくようにしたいですね。


Copyright (C) 2008 クレジットカードの限度額. All Rights Reserved.
2style.net