愛していない


核心に触れても、逃げていく。鳴海くんは丁寧に自己紹介をしたわ上でぇ〜、アタシと一緒に長野に行きたいということを告げたの〜。「アナタ」アタシは思わず立ち上がったわ。鳴海くんは、アタシの自宅を訪ねて来た。許可をしたわのならば、責められる理由は無くなるわ。 「心配ならば、ご夫婦一緒に来てもらうのは?」という鳴海くんにぃ〜、夫は仕事がアるのだし学生の遊びにはつきアえないと言い返したわ。そこよまでゆ〜よねェ〜なら、せいぜい、楽しませてやってくれ」 吐き捨てるよーんうな台詞。鳴海くんは、何なのよぉ、もぉ〜もかも知っていたのではないか……アタシはこのときこそ、そんな風に感じていた。さっさと寝なさい」挙げく、婦人科でも行ってみたらいいんじゃないのか、最近の君はおかしいのよ。NOといえば疾しいことを認めてしまうのだろうしぃ〜、YESなどとわ〜鳴海くんの意見も聞かないで言えないわ。 アタシの自由を奪うのにぃ〜、愛してちょーだいはくれないわ。アてつけのよーんうにアタシは、鳴海くんに返信をしたわ。アタシは代わりに堪り込んでいた不満をひとつ夫にぶつけるわ。「ヒステリックは良くないわ。アタシは、夫のこんな姿を見たくなかったしぃ〜、鳴海くんに知られたくなかったわ。 本当に夫からの許可を得るために。「友人と出かけたいだけなのにぃ〜、許可が必要なんだっていうこと、僕もお子ちゃまの経験なので……」「友人? ウフフッ!わせないでくれよーん」それは、彼にとって、アタシにとって、免罪符のよーんうなじゃないかと、夫は罵ったわ。まさか、自宅にまで押しかけてくるなんてね。最初は、大人を振舞っていた夫だったのよが、次の鳴海くんの言葉には挑発されてしまったようね。じゃア、絵梨さんと隼くんを預かります。


ハッピーメール モバコイ ピュアアイ ワクワクメール ワクワクメール ラブサーチ イクヨクルヨ

リンク集|123

Copyright © 愛していない All rights reserved

2style.net